ここ最近の骨伝導イヤホンは進化していますね。

 

骨伝導イヤホンは耳を塞がないので、周囲の音をしっかり聞きとれるので、通勤・通学はもちろんのことスポーツ全般など次世代型のイヤホンとして活躍しています。また長時間再生しても耳が痛くならないのでずっと音楽が楽しめますよね。

 

だけど、気になることがあります。骨伝導イヤホンの健康被害ってあるのでしょうか?

 

骨伝導イヤホンを調べてみると健康被害って虫眼鏡キーワードを見ちゃうとすごく気になりますね。

 

 

骨伝導イヤホンは健康被害を及ぼすのか?

 

このようなキーワードが出てくると、骨伝導イヤホンの安全なのかなって、良くネットでも書き込みが多かったりします。

 

結論を言ってしまうと、骨伝導が人体に害を及ぼすことは全くないんです。

 

何故かというと、骨導音は自分の声を出すたびに発生している自然な音ですから、 特別なものではないからです。

 

www.asahi.com/articles/ASN1N4VCWN1NUBQU001...出典

 

また電磁波についても問題はございません。
ほかの電気製品と同様、電磁波は発生していますが、ごく微弱です。
自然界に存在する電磁波と同レベルの強さですので安心して骨伝導イヤホンをご使用くださいね。

 

このように、身体には害にならないのはわかりましたが、やっぱり骨伝導イヤホンは普通のイヤホンと比べて劣るものってあるのでしょうか?

 

骨伝導イヤホンの2つデメリット 普通のイヤホンとどこが劣る?

 

・普通のイヤホンより音質が悪い

 

 

骨伝導イヤホンは決定的なデメリットは音質の悪いところです。最近は音質が良くなってきましたが、
普通のイヤホンと比べると、構造上まだまだ音質が落ちます。

 

・音漏れがする

 

 

骨伝導イヤホンの特徴は、頭の骨を振動させることによって音を伝えています。いわゆるスピーカーと同じ原理なんです。
イヤホンは塞がっていないため、周りに音が聴こえてしまいます。

 

普通のイヤホンと違い、音の大きさが大きくなると音楽を聴いているなら、音漏れに注意する必要がございます。周りに迷惑をかけるかもしれません。

 

以上のことから、骨伝導イヤホンを買うときは、どこの場面で使うかを検討したほうがよさそうですね。

 

骨伝導イヤホンのおすすめ メガネ型 3選

 

 

骨伝導イヤホンは色々な形をしているものが多いですが、最近はメガネ型一般的な形です。ここではAmazonで発売しているイヤホンの中で売れ筋・評価など総合的なおすすめ3選をご紹介したいと思います。

 

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 ルナグレイ

 

 

1回の充電で8時間の連続再生が可能!重さも26gと軽量!装着していることを忘れてしまいそうなヘッドフォンです。長時間つけていても耳が痛くならずに楽しめます。また激しい運動(スポーツ・トレーニング)をしても全く落ちません。骨伝導イヤホンとしてお高めですが、Amazonでは約2700人の評価で★ほぼ5は驚異的!

 

 

AfterShokz Trekz Airオープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン

 

 

こちらもAfterShokzシリーズのミドル版。チタン合成素材なのに柔軟性と耐久性に優れています。こちらも30グラムと軽量な設計をしています。雨天や運動時にも安心な防汗設計です。

 

AfterShokz Titaniumオープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン

 

 

AfterShokzシリーズの下位版になります。こちらもAmazonの評価でもほぼ★5。骨伝導イヤホン入門機にはおすすめのイヤホンです。

 

 

 

 

 

トップへ戻る